フレアベル公式ブログFreabell official blog

マットレスの選び方 −硬さ編−

皆さんはマットレスを選ぶとき、何を基準に選ばれていますか?
硬さ?価格?生地の色柄?はたまた直感・・・?

これから数回にわたり、皆さんがマットレスを選ぶときの参考になる、プチ情報をお届けしたいと思います。

まず第1回目は「硬さ」についてです。
「硬さ」とは何を基準に決められているのでしょうか。

ポリウレタンフォームのマットレス(以下マットレスと省略します)の「硬さ」は、一般的に90N、110NのようにN(ニュートン)という単位で示されます。¹
これはJISという規格の決められた方法で、公的機関や製造会社で測定しており、この数値が大きければ大きいほど、そのマットレスが硬いことを示しています。
¹)マットレスの中身のポリウレタンフォームを平らに置き、直径200mmの円形加圧版を乗せ、フォームの元の厚さの75%まで予備圧縮し(使用感を出すためです)、元の厚さの25%まで押し込んで20秒後の荷重(N)を測定します。(旧JISK6400-2 D法による)

では、「やわらかめ」、「かため」などはどのようにして分けられているでしょうか。

これは家庭用品品質表示法という法律で定められており、

60N未満・・・・・・・・・・・・やわらかめ
60N以上100N未満・・・・・・ふつう
100N以上・・・・・・・・・・・かため

という区分になっていて、厚さが50mm以上のマットレスには表示することが義務づけられています。


ですので、例えば70Nですと「硬さ」が「ふつう」になります。

一般的に、男性の方や大柄な方、沈み込みすぎるのを好まれない方は、「かため」のマットレスが良いといわれています。反対に女性の方や小柄な方、硬すぎると痛いという方は、「やわらかめ」のマットレスを選ぶと良いとされています。
「硬さ」はマットレスの厚さ等によっても感じ方が異なりますので、購入の際には寝心地等を実際に試されることをお勧めします。お試しができない場合は、現在使用されているマットレスの「硬さ」を参考にしてみてください。


いかがでしたか?
「硬さ」について、少し身近に感じていただけたでしょうか。
厚み50mm以上のマットレスについては、このような情報を品質表示に記載してありますので、ぜひ今後マットレスを選ぶ際に参考にしてみてください。

弊社のFreabell(フレアベル)にも、さまざまな「硬さ」のマットレスを取り揃えております。
ぜひ、今後「硬さ」にも着目して、商品をご覧になっていただければと思います。

<Freabell(フレアベル)シリーズ>

「やわらかめ」
・SUFRE ベッドパッド

「ふつう」
・SUFRE オーバーレイ
・フレアベル EC/ST 
(注:頭部・脚部「ふつう」、腰部「かため」)

「かため」
・SUFRE ベッドマットレス
・フレアベル DX
・フレアベル EX


次回も皆様にお役に立てる情報をお届けしたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

| 1/1PAGES |
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログ内検索
その他
携帯サイト
qrcode

PAGETOP